M5Stack ATOMの環境構築

2021.03.07

M5Stack ATOMという小さなデバイスの環境構築をした際の備忘録です。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/Untitled.png

公式のクイックスタート

今回はこちらのAsduino IDEの方をやってみました。

M5Stack Docs - The reference docs for M5Stack products.

Arduino IDE

CP2104 driverをダウンロードします。思いのほか時間がかかりました。

M5Stack Docs - The reference docs for M5Stack products.

公式サイトからArduinoをインストールします。

M5Stack Docs - The reference docs for M5Stack products.

環境設定を開き、追加のボードマネージャーのURLhttps://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json を入力します。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/Untitled%201.png

ツール>ボードマネージャー を開きESP32をインストールします。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/Untitled%202.png

インストール後、ツール>ボード>M5Stack-Atomを選択します。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/Untitled%203.png

スケッチ>ライブラリをインクルード>ライブラリを管理M5Atomをインストールします。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/Untitled%204.png

上記のM5Atomはこちらのライブラリになります。手動でインストールすることもできるようです。

m5stack/M5Atom

FastLEDもインストールしないと動かないらしかったのでそれもインストールします。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/Untitled%205.png

FastLED/FastLED

ファイル > スケッチ例 > M5Atom > Basics > Buttom を選びサンプルを起動してみます。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/Untitled%206.png

ツール > ボード > ESP32 Arduino > M5Stack-ATOM を選択します。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/Untitled%207.png

スクリプトをコンパイル結果を書き込む先のシリアルポートを選択します。シリアルポート > /dev/cu.usbserial-91529F6E93 を選択します。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/Untitled%208.png

Upload Speed > 115200を選択します。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/Untitled%209.png

マイコンボードに書き込みます。色々赤い文字が出ますが、ボードへの書き込みが完了しました。と出ると無事書き込みができています。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/Untitled%2010.png

ボタンを押すとLEDの色が変わっていきます。以上が環境構築になります。

M5Stack%20ATOM%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%A7%8B%E7%AF%89%207c13b852ed59492baf7022d75ab0f2b2/led.gif

© 2019-2021 kwst.site.